言語はウィルスだウィリアム・S・バロウズ
引用β

おまえは!わたしの!たからものだ!

twitter.com/bambico/status/1225184628
2009年2月19日 17時30分にshikakunが引用した

俺の無能に世界が無関心…

d.hatena.ne.jp/kejinan/20090217/1234868165
2009年2月18日 1時59分にshikakunが引用した

赤、橙、黄、緑、青、藍、紫、きらきらとラインマーカーまみれの聖書

detail.booklog.jp/asin/4093874492
2009年2月17日 12時8分にshikakunが引用した

終バスにふたりは眠る紫の〈降りますランプ〉に取り囲まれて

uraaozora.jpn.org/tanhomu.html
2009年2月12日 13時45分にshikakunが引用した

俺は俺をうんこ製造機と自認し暮らしていた。

そしてある日…ついに米をうんこに変える機械が発明され…。そうしたら俺はどうするのだろう。

d.hatena.ne.jp/kejinan/20090210/1234211029
2009年2月12日 0時33分にshikakunが引用した

重要か重要でないかという判断は時間が経てば変わるのだから、なるべくたくさんのことを記録し保存するのが大切だと思います。

dc.watch.impress.co.jp/cda/webphoto/2007/05/17/625...
2009年2月10日 2時47分にshikakunが引用した

撮れることよりも、撮れないこと、失敗することのほうが、写真を実践していくうえで大切です。

dc.watch.impress.co.jp/cda/webphoto/2007/04/05/599...
2009年2月7日 0時41分にshikakunが引用した

突き詰めると、僕は中国がいかに素晴らしい国であるのかを世間に知らしめたいのですが、それを理解するには通常とはまったく違う、新しい考え方が必要とされるようなやり方で見せたいのです。例えば、家の近所で見た火事で燃える高層ビル、スターバックスでのインタビューに行く途中に遭遇した、高速道路の高架から飛び降りようとする男性、ある街に行ったその日に見た、有名な観光スポットの湖に沈む少年の水死体、そして虎が生きたニワトリや牛を食べるのを見るためにお金を払う人々。今の説明では少しダークな感じに聞こえると思いますが。

pingmag.jp/J/2008/07/04/the-death-of-my-little-dea...
2009年2月6日 10時35分にshikakunが引用した

染織作家を目指しているとかアパレル関係に就職したいからではない。テキスタイルのテの字も知らない頃から感覚的に捉えていた布に対する想いが強かったから、という以外にありません。畳の上に寝転がりながら、風に揺れるカーテンの裾を眺めるのが好きだったことや、太陽に当てた洗濯物の匂いが好きだった幼少時代の記憶が事の起こりで、あんな些細な出来事がずっとずっと私の心を掴んで離さないでいる。(こんなこと誰にも話したこと無くて、きっとこれからも言わないと思うけど)たぶん一生消化しきれないこの感覚を、"ライナスの安心毛布" の代わりに学問として体内に留めておきたかったから大学でテキスタイルを専攻した、とゆうのが真意です。

d.hatena.ne.jp/ecotam/20090203/1233652679
2009年2月5日 17時45分にshikakunが引用した

そやってわかったつもりでメタこいて何もやらず死ねよ

twitter.com/hysysk/status/1172428840
2009年2月5日 11時18分にshikakunが引用した