言語はウィルスだウィリアム・S・バロウズ
引用β

落書きじゃないよ孫のはアートだよ

www.aeon.jp/sc/cam/senryuu/result.html
2014年10月23日 13時9分にecotamが引用した

明日までに宇宙作って納品しなきゃ・・・!

matome.naver.jp/odai/2137993636775448901
2014年10月23日 13時9分にecotamが引用した

青木雄二に手紙を書こうと思ったら死んでいた

d.hatena.ne.jp/saboy/20121214#p1
2012年12月16日 1時28分にecotamが引用した

書き出しの中から自分を呼ぶ一冊を見つけてください

kakidashi.com/index/about
2012年10月24日 5時34分にecotamが引用した

祈ってもらえば何でも本物になるシステムが良いなーと思った。

ameblo.jp/100nen/entry-11381246282.html
2012年10月18日 22時50分にecotamが引用した

あと10分ほどで真夜中になるという時間帯に、私は特急電車に乗っていた。
やがて、途中の駅で一人の男が乗り込んできた。
その男は、電車のドアが閉まると、突然我に返ったように乗客の顔を見回し始めた。
「すみません。あなたの年齢は28歳ですか?」
男が私に話しかけてきた。
「そうですが、どうしてわかったんですか」
私が聞き返しても、男は無視して、また別の人に話しかけた。
「あなたは62歳ですね?」
「どうしてわかったんだ?」
そんなやり取りを繰り返していく。
どうやら、その男には、顔を見ただけで年齢を当てる特殊能力があるらしい。
次の停車駅までは、まだ15分以上ある。
私を含め、乗客たちは全員その男に注目し始めた。
「あなたは50歳ですね?」
「そうですが、あと5分で日付が変わったら、51歳になるんですよ」
最後に質問された女性は、笑顔でそう答えた。
年齢を当てていた男の顔が、その途端に青くなった。
「凄いですね。百発百中じゃないですか」
私は男に話しかけた。すると、男は青い顔を私に向け、こう言った。
「・・・私が見えているのは貴方がたの寿命です」

himasoku.com/archives/51734499.html
2012年10月12日 21時45分にecotamが引用した

よろこぶ人が三人思い浮かぶ情報は公開すべし

zerobase.jp/jobs/voice_02.html
2012年10月12日 21時42分にecotamが引用した

妻のお腹のことと、中のひとのこと

d.hatena.ne.jp/Asay/20111203
2012年1月9日 18時13分にecotamが引用した

東京のタクシーはタイヤがついてないみたいに速いですね。

6109.jp/chatmonchy/?blog=246782
2011年10月31日 1時25分にecotamが引用した

嘘をばらす瞬間 、 軽蔑に混じって 人の目に浮かぶ 、 尊敬のこと

873dori.blog76.fc2.com/blog-entry-3877.html
2011年7月26日 0時39分にecotamが引用した

東京が一回終わるのは簡単なこと

blog.livedoor.jp/koyonet/archives/51868380.html
2011年4月12日 3時32分にecotamが引用した

「今、アートに何が出来るか」知るかクソが。
今度のことで今までやってたことが出来なくなるならそれはずっとウソだったってことだよ。

zenrahanra.exblog.jp/15725197/
2011年3月29日 22時1分にecotamが引用した

悲しいけど、目の前に死がチラついてる時には、芸術や演芸なんてのはどうだっていいんだよ。

naokitree.blog33.fc2.com/?mode=m&no=129
2011年3月23日 8時28分にecotamが引用した

大学という青春の時間は、時間を自分が管理できる煌めきの時なのだ。

池袋行きの電車に乗ったとしよう。諸君の脳裏に波の音が聞こえた時、君は途中下車して海に行けるのだ。高校時代、そんなことは許されていない。働いてもそんなことは出来ない。家庭を持ってもそんなことは出来ない。

niiza.rikkyo.ac.jp/news/2011/03/8549/
2011年3月16日 23時38分にecotamが引用した

“Nero” means to sleep in Japanese.

blogs.wsj.com/japanrealtime/2011/03/14/tireless-ed...
2011年3月15日 1時2分にecotamが引用した

鳴り止まぬ拍手のなか、舞台に姿を現したシュトックハウゼンに二階席の最前列で最後まで声を上げ拍手をやめぬ男がいて、誰かと思ったら作家の中原昌也だった。その拍手があまりに長いので、シュトックハウゼンも中原の様子に気づき、少しのあいだ、両者が目を合わせる場面があった。

www.art-it.asia/u/admin_ed_contri9_j/YO310qvnQRrja...
2011年3月13日 7時36分にecotamが引用した

さよならをあなたの声で聞きたくてあなたと出会う必要がある

solosolo.in/longlong/
2011年2月21日 21時17分にecotamが引用した

「今はいらない」というフォルダに 大事なものが 大量に

873dori.blog76.fc2.com/blog-entry-3838.html
2011年2月20日 1時48分にecotamが引用した

「ぼくらは、いつだって革命には間に合わない」

taizooo.tumblr.com/post/3324541047
2011年2月16日 18時14分にecotamが引用した

夜食(ナイトエッセンス)

higedharma.blog90.fc2.com/blog-entry-382.html
2011年2月16日 13時27分にecotamが引用した

ザッカーバークがどこかのアメリカのテレビのインタビューで「えー...。映画だから、これはこれでいいけど、実際はあんなドラマチックじゃなくて、コード書いていただけなんですけど」みたいなことを言っていた

blogs.itmedia.co.jp/fukuyuki/2011/01/post-6cd4.htm...
2011年2月11日 21時33分にecotamが引用した

冒険は常に無謀である必要はない。

yamakk.com/blog/?p=155
2011年1月18日 12時28分にecotamが引用した

卒制さえ完成すれば人間らしい生活が戻ってくる

me-mo3.blogspot.com/2011/01/blog-post_13.html
2011年1月13日 3時57分にecotamが引用した

色彩は色の調和、構成は視線の誘導、表現は他者との差異

twitter.com/#!/oobi_ART/statuses/24315135954784256
2011年1月10日 22時51分にecotamが引用した