言語はウィルスだウィリアム・S・バロウズ
引用β

伊丹さんから教わったことは多いんです。
たとえば、伊丹さんは、
「スクリーンの中に
 映ってるものだけがすべてなんだ」
「だから、撮影現場では
 モニターの中だけを観てればいいんだよ」
っていうことをよくおっしゃっていて。

www.1101.com/mitani_koki/2008-06-06.html
2008年6月13日 12時1分にyoabeが引用した

金と乳は自分の手でつかめ

copipe.info/archives/1854
2008年6月13日 1時32分にbouzeが引用した

同州では過去数年間に、魔術を行ったとして近隣住民に殺害された人の数が500人以上に達している。

headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080612-00000172-reu-i...
2008年6月12日 18時8分にdaishoが引用した

アメリカのNASAは、宇宙飛行士を最初に宇宙に送り込んだとき、
無重力状態ではボールペンで文字を書くことができないのを発見した。
これではボールペンを持って行っても役に立たない!
NASAの科学者たちはこの問題に立ち向かうべく、10年の歳月と120億ドルの開発費をかけて研究を重ねた。
その結果ついに、無重力でも上下逆にしても水の中でも氷点下でも摂氏300度でも、
どんな状況下でもどんな表面にでも書けるボールペンを開発した!!

一方、ソ連は鉛筆を使った。

news4vip.livedoor.biz/archives/51175211.html
2008年6月12日 12時18分にyugoが引用した

チクビ タツ スグカエレ

twitter.com/kkshow/statuses/832199876
2008年6月12日 0時36分にisbshが引用した

自由っていうのは、その自由であることが原因で自滅するのだな。

blog.kohan-studio.com/archives/51399316.html
2008年6月11日 13時43分にksssskが引用した

ちなみに、ハードオフ売りに行くとき、メシでも食おうと母親も一緒に行ったんだけど、楽器コーナーぶらりと見るなり、
母「あら、これは、DX7だねー。うちにあるのと同じ?」
僕「これは、うちのより低いランクのやつ。(DX7sです)」
母「あ、こっちのDX7は古いねぇー。」
僕「これは、初代DX7だよ。」
僕「(中古のEOS B-500を指差し)ねぇ、これこれ」
母「懐かしいねぇ。イオス。どれどれ7000円か。」

母のクチから「DX7」と言わせてしまったのには、正直ドキっとした。俺ってば、親不孝だなぁー、って思った。
別にうちの母親は、曲作りするわけでもなく、シンセをいじるわけでもない。なのにも関わらず、いつしか「DX7」という言葉が知識として蓄えられていたのだ。

母親に、もう機械は要らないのかい?と聞かれたので、
「今は機械は要らないんだよ、パソコンの中に全部シンセは入ってしまったんだよ。もう今の若い子とかはパソコンだけで作るんだよ。」っていう事を伝えた。

これで僕が母親に機材の話をするのは最後だと思う。

部屋に物理的に物体として存在したからこそ、母親も、シンセというモノを認知せざるを得なかったと思うのだが、もうPCの中に入ってしまった今、その存在を知る由も無いと思う。

こうして、時代は変わっていくのだな…。

さらば。
ありがとう。

misutrax.sblo.jp/article/15590456.html
2008年6月10日 22時44分にslnsyndicateが引用した

きょうはつかえません。

www.motoelab.com/blog/20080608232207.html
2008年6月10日 21時37分にakzが引用した

黒くあるよりも、むしろ、真っ白であるということが一番難しいように思う。

mixi.jp/view_diary.pl?id=504319717&owner_id=36913
2008年6月9日 3時1分にbouzeが引用した

営業も技術もパワポ、パワポ。
納期管理とコストダウンで、見せかけの効果とハッタリをパワポ、パワポ。
生産革新もパワポ、パワポ。
もう俺はパワー・ポッター、炎のプレゼンテーションだ。

news4vip.livedoor.biz/archives/51166879.html
2008年6月9日 1時58分にisbshが引用した

水泳の授業で女子の水着姿を目にすると、必ずといっていいほど勃起してしまいます。

oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2281950&check_ok...
2008年6月9日 1時38分にisbshが引用した

飢えたる者は常に問い、答えの中にはいつも罠。

www.asahi-net.or.jp/~KC2H-MSM/pbsb/pbsbvtms.htm
2008年6月8日 22時10分にisbshが引用した

何故にと問う。
故にと答える。
だが、人が言葉を得てより以来、問いに見合う答えなどないのだ。
問いが剣か、答えが盾か。
果てしない撃ち合いに散る火花。
その瞬間に刻まれる影にこそ、真実が潜む。

www.asahi-net.or.jp/~KC2H-MSM/pbsb/pbsbvtms.htm
2008年6月8日 22時10分にisbshが引用した

人は生まれ、人は死ぬ。
天に軌道があれば、人には運命がある。
炎に追われ、閃光に導かれ、辿りゆく果ては何処。
だが、この命、求めるべきは何。
目指すべきは何。
打つべきは何。
そして、我は何。

www.asahi-net.or.jp/~KC2H-MSM/pbsb/pbsbvtms.htm
2008年6月8日 22時9分にisbshが引用した

明後日、そんな先の事はわからない。

www.asahi-net.or.jp/~KC2H-MSM/pbsb/pbsbvtms.htm
2008年6月8日 22時4分にisbshが引用した

人の運命は、神が遊ぶ双六だとしても、
上がりまでは一天地六の賽の目次第。

www.asahi-net.or.jp/~KC2H-MSM/pbsb/pbsbvtms.htm
2008年6月8日 22時4分にisbshが引用した

最も危険な罠、それは不発弾。
たくまずして仕掛けられた地中の闇に眠る殺し屋。
それは突然に目を覚まし、偽りの平穏を打ち破る。

www.asahi-net.or.jp/~KC2H-MSM/pbsb/pbsbvtms.htm
2008年6月8日 22時2分にisbshが引用した

only the paranoid survive
病的なほどに心配性な人が生き残る

bouze.tumblr.com/post/26466911/only-the-paranoid-s...
2008年6月8日 14時16分にbouzeが引用した

最初の一歩は、その道のりの半分に相当する。

spf.tumblr.com/post/15975079
2008年6月8日 14時16分にbouzeが引用した

今やっている事が、2年後の自分をつくる。

bouze.tumblr.com/post/26467267/2
2008年6月8日 14時15分にbouzeが引用した

今の君はうちの会社にとって、
まったく役に立っていない。
だから三つの大きな失敗を経験しなさい。
とっとと失敗に向かって突き進め!

bouze.tumblr.com/post/26467397
2008年6月8日 14時14分にbouzeが引用した

デザインとはグローバルなバランス設計であり、ローカルなバランス設計ではない。

bouze.tumblr.com/post/26467442
2008年6月8日 14時14分にbouzeが引用した

人は思い込みにより事実を正確に捉えていないことがある

www.daiwatv.jp/group/cm/profile01.html
2008年6月8日 14時13分にbouzeが引用した

お約束をわかっている上でひとつひとつをくずしていく。あるいは一カ所だけを変えてみたり。やくざが全員拳銃の代わりにボーリングのボールを持ってたら、なんていうコントは最高ですね。

www.tokyo-source.com/japanese/archives/2005/06/006...
2008年6月8日 14時11分にbouzeが引用した

昨日よりほんの少しだけ進んだ。
1週間続けたらずいぶん変わっていた。
気が付いたら目標を達成していた。

void.heteml.jp/blog/archives/2008/02/output.html
2008年6月8日 14時10分にbouzeが引用した